Tonsil stones

 

 膿栓 (tonsil stones) は、咳やクシャミをした際などに、喉の奥から飛び出してくることのある小さな塊のことです。これらは潰すと酷い悪臭を放ちます。科学的には扁桃栓子(へんとうせんし)と呼ばれ、特に石灰化して硬くなったものは扁桃結石(へんとうけっせき)と呼ばれています。

  歯周病でもないのに口臭が気になる場合、この膿栓 (tonsil stones)が咽喉内に潜んでいる可能性が考えられます。

 膿栓 (tonsil stones)の出来る原因には、喉の構造に関係しています。喉の奥にある扁桃腺をはじめとする扁桃は、進入してくる細菌やウィルスなどを殺し、体内への侵入を防ぐ働きがあります。この扁桃の表面にある腺窩(せんか)と呼ばれる小さな穴に、剥脱上皮、リンパ球、細菌塊や食物残渣などが溜まることで形成されます。これら溜まった物が膿栓 (tonsil stones)と呼ばれる物です。その色は薄黄色、黄緑色または乳白色をしています。

 喉の構造や扁桃腺の形状などにより個人差はありますが、膿栓 (tonsil stones)それ自体は誰もが持っているものです。

 扁桃の表面の粘膜は傷つきやすく、炎症を起こす危険性があり、医師の相談無しに自分で取り除く場合には注意が必要です。もし、自分で取り除くというのであれば、シャワーの水圧で洗い流す方法で、比較的に粘膜を傷める危険性が少なく、膿栓を取り除ける場合があります。

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項