扁桃腺 膿栓

 

 喉の奥の口蓋扁桃の事を言います。口を大きく開けると、口蓋垂(のどちんこ)の両横にあるのが口蓋扁桃で、この形がアーモンド(扁桃)の種子に似ていることから扁桃腺と名付けられました。しかし、この扁桃腺は二次リンパ器官に分類されるリンパ上皮性器官で、真の意味での線では無いことから、近年は扁桃と改められました。

 扁桃腺は、外部から細菌やウィルスが入ってきた時に、それらを殺して、体内への進入を防ぐ役割を担っています。扁桃腺の表面には腺窩(せんか)と呼ばれる小さな穴があり、それら細菌やウィルスの死骸などの免疫副産物、あるいは食物カスが溜まり、形成されます。この形成されたものは膿栓と呼ばれています。

 膿栓は、咳やクシャミをした時に喉の奥から飛び出してくる小さな塊のことで、潰すと酷く強烈な悪臭を放ちます。歯周病でもないのに口臭が気になる場合には、この膿栓が咽喉内に潜んでいる可能性があります。

 膿栓の出来方には個人差があり、薄黄色、黄緑色または乳白色をしています。膿栓の除去は、耳鼻咽喉科にて保険適用により可能です。綿棒やピンセットなどで、自分自身で除去を行おうとする人がいますが、扁桃腺の粘膜は傷つき易く、炎症を引き起こして悪化を招く危険性がありますので、注意が必要です。

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項