扁桃結石

 

 膿栓は、咳をした時などに喉の奥から飛び出してくることのある小さな球状の塊で、扁桃結石は扁桃腺に硬い石が出来てしまう症状です。膿栓とよく似ていますが、扁桃結石は石灰塩が固まって出来た石灰成分です。咽喉に石が詰まることから、大きければ大きいほど痛みが増大する非常に珍しい症状で、頻度は高くありません。

 咽喉内の扁桃腺をはじめとした扁桃は、進入してくる最近やウィルスなどを殺して体内への侵入を防ぐ働きがあります。この扁桃の表面にある腺窩(せんか)と呼ばれる小さな穴に、剃脱上皮、リンパ球や白血球、細菌やウィルスの死骸、食物カスなどが溜まることにより形成されます。これが扁桃結石あるいは膿栓と呼ばれる物です。また、これらは喉頭部で作り出される硫黄化合物と、喉を通っていく粘液の複合体であると唱える医師もいます。

 歯周病などの心当たりがないのに口臭が黄になる場合、その臭いの原因として膿栓あるいは扁桃結石が潜んでいる可能性があります。これらは、薄黄色、黄緑色または乳白色をしていますが、黒く硬いものもあります。

 特に冬は空気が乾燥する為、細菌の付着した塵や埃が舞い上がりやすくなり、膿栓の量が多くなる、あるいは大き目の膿栓(扁桃結石) が形成されやすい傾向になると言われています。

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項