膿栓予防

 膿栓の原因は咽喉内の不要物の塊ですので、膿栓予防には口内を清潔に保つことが最も効果的です。具体的には、お茶や紅茶などの殺菌作用のあるカテキンを多く含むもので毎日うがいを行えば、膿栓予防になります。 また、歯磨きをこまめにして食べカスを減らすことも効果があると思われます。

 すでに膿栓が出来てしまっている人は、根本的な治療ではないのですが、耳鼻咽喉科で保険適用にて除去できることから、膿栓の除去は膿栓の予防であると言えます。しかし、自分で除去する場合には、扁桃腺の粘膜を傷つけるリスクがあり、扁桃腺肥大を引き起こして悪化を招く危険性があり注意が必要です。

 一般的に口呼吸の習慣のある人やドライマウスの人は口の中が乾燥し易く、膿栓が出来やすい傾向にあると言われていますので、これらの習慣を改善することで根本的な膿栓の予防になると考えられます。

 その他、完全な膿栓予防策としては、扁桃腺を切除すると膿栓が出来ることはほぼないと言われています。しかしながら、扁桃腺自体は口からのウィルスや細菌の進入を防ぐ働きをしていることから、膿栓の理由だけで扁桃腺切除手術を行う病院は無いと言っても過言では無いと思います。

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項