膿 臭い

 

 咳やクシャミをした時に、口の中から白い塊が飛び出てくることがあり、潰すと酷く強烈な臭いを放つ。 あるいは、喉の奥の口蓋垂(のどちんこ)の両側にある扁桃腺(アーモンドの種子に似た形をしている)の表面に、白いのようなものが見える場合がある。これらは白苔(はくたい)、あるいは栓(のうせん)や臭い玉(くさいだま、においだま)の可能性があります。

 この白苔、あるいは栓や臭い玉ができる原因は喉の構造に関係があり、白苔は扁桃腺で白血球が病原菌や細菌と戦っている時、あるいは戦いが終わった後に現れます。これらは戦いで死滅した細菌や白血球の残骸が、陰窩部と呼ばれる扁桃腺のくぼみに付着したもので、これらが見える時に、喉が痛い、あるいは熱のある場合には、急性咽頭炎や急性扁桃腺炎の可能性がありますので、病院での診察をお勧めします。

 一方、扁桃腺の窩部に細菌の死骸や食物カスが溜まります。これを栓や臭い玉と言い、これが窩部から押し出されて、扁桃腺の表面に白いが出ているように見えることがあるのです。

 栓や臭い玉が溜まると口が臭い原因になる場合があり、耳鼻咽喉科にて保険適用により吸引などの除去を行うことが出来ますが、根本的治療とはならず、何度か繰り返し行う必要があります。

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項