膿栓場所

 膿栓場所は、口を開けて喉の奥の両側に扁桃腺があり、よく見ると表面に小さな点(穴)があります。通常、この穴は呼吸時などウィルスや細菌が外から進入しようとする際にそれらを殺し、体内への侵入を防ぐ働きがあります。その結果生じる免疫副産物(細菌やウィルスの死骸など)が溜まることによって膿栓が形成されます。

 通常これらの免疫副産物は唾液の働きや下の運動によって胃に運ばれますが、この膿栓場所から咳などによって外部に吐き出されることがあります。

 また、扁桃腺が病的に肥大している場合や、口呼吸習慣のある人はこの免疫器官や細胞群は乾燥に非常に弱く反応が過敏になり、常にこの膿栓場所付近に免疫副産物を作りやすくしてしまいます。

 また、口の中の緊張状態が続くと、膿栓の場所である扁桃腺付近には悪臭がどんどん溜まり、しゃべると非常に悪臭を放つようにもなります。 悪臭を抑えようとして口を閉じれば閉じるほど、膿栓の場所に悪臭が溜まり、しゃべり始めには強烈な悪臭が口臭となって出てきます。

 この症状の場合、一刻も早く口の緊張を解き、逆にしゃべることで舌をどんどん動かし、唾液がたくさん出てくれば自浄作用で膿栓場所の悪臭はなくなります。

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項