膿栓

とは…?

咳やくしゃみをした時にのどの奥から白っぽい小さな固まりが飛び出してきたのを見たことがありますか?これは膿栓と呼ばれるもので、のどの奥で自 然に形成されるものです。大きなものでは直径が3.5㎜程度になり、色は薄黄色、黄緑色や乳白色をしています。つぶすと異様な悪臭を発するため「くさいだま」と呼ばれることもあります. 多くの場合、膿栓X線やCTスキャンで時々発見されるほどの小さなもので、気がつかないうちに飲み込んでしまうか、咳やくしゃみの際に体外へ排出されてしまいます。この膿栓は広く口臭の原因として知られていますが、それ以外にも喉の痛み、食べ物や飲み物の飲み込みづらさ、耳の痛み、のどの炎症などを引き起こすこともあります.

膿栓の出来方には個人差がありますが、その予防としては緑茶などのカテキンを多く含む物を良く飲む、あるいは緑茶でうがいするのも良いかも知れません。しかし、ご自身で除去を行う場合は注意が必要です。粘膜を傷つけて炎症を引き起こす危険性があります. 口臭が気になる人は、膿栓が原因である場合もあり、お近くの耳鼻咽喉科に行って診察してもらうことが良いと思います.

膿栓を自然に除去、治療する方法を知りたい方はウェブサイト、膿栓をご覧下さい.

膿栓を自然に除去、治療する方法を知りたい方はウェブサイト、http://www.tonsilstoneshow.comをご覧下さい.

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項