膿栓取り方

膿栓の膿栓取り方

膿栓は、咳やくしゃみの際に偶発的に体外へ排出されることがあります. 喉の奥に形成された膿栓を自分でむやみに取ろうとすると、扁桃やのどの粘膜を傷つけてしまう恐れがあるため、膿栓取り方には注意が必要です.

膿栓の膿栓取り方には保存的治療法が幾つか存在し、耳鼻咽喉科では膿栓の吸引や線窩の洗浄といった処置が取られます. 保険が適用されますが、これらの膿栓取り方は一時的に膿栓が除去されるため、不快感は改善しますが、根本的な治療法ではないため、また膿栓が溜まれば洗浄、除去するという方法を繰り返す必要があります. 初めは週に2-3回、症状が改善すれば週に1回の吸引、洗浄が行われます.

また、他の膿栓取り方としては、扁桃の摘出手術をすると、ほとんどの場合膿栓が全く出なくなると言われています. また、自分自身で行う膿栓取り方として、耳掻きや綿棒では粘膜を傷つけてしまい、炎症を引き起こす危険性があります. 安全な方法としては、風呂場などで口を開け、シャワーの水圧で洗い流すという方法が粘膜を傷つける危険性が少なく、行う価値があると思います.

膿栓を自然に除去、治療する方法を知りたい方はウェブサイト、膿栓取り方をご覧下さい.

 

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項