膿栓口臭

 

 口臭の原因の一つとして、膿栓口臭があります。膿栓とは、咽喉内の扁桃腺の表面に穴があり、本来この扁桃腺はウィルスや細菌を殺す働きがあり、この穴に溜まった免疫副産物(ウィルスや細菌などの死骸や食物カスなどの不要物)がこの膿栓と呼ばれ、これらが咳などによって時々外部に飛び出す時があります。この膿栓は潰すと酷く強烈な臭いを放つため、膿栓口臭であると考えられています。膿栓口臭の予防としては、口の中を清潔に保つことが効果的であると考えられます。具体的には、お茶や紅茶など、殺菌作用のあるカテキンを多く含む物で毎日うがいをすることが効果的であると考えられます。

 口呼吸習慣のある人は、扁桃腺が乾燥し易く、膿栓口臭になりやすいと考えられることから、この口呼吸習慣を改善し、舌を良く動かして唾液の分泌を促す事で、膿栓口臭の予防に根本的に効くものと思われます。

 膿栓を自分自身で除去する場合には、扁桃腺の表面は繊細で非常に傷つきやすいことから、出血による炎症を引き起こし、扁桃腺肥大によって悪化を招く危険性があり、注意が必要です。口臭の原因として、膿栓が気になる場合は、まず医師や耳鼻咽喉科への相談が安心であると考えます。

膿栓を自然に除去、治療する方法を知りたい方はウェブサイト、http://www.tonsilstoneshow.comをご覧下さい.

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項