膿栓除去

膿栓の膿栓除去

多くの場合、手術的に扁桃を切断、膿栓除去することによって膿栓は出なくなります。扁桃の摘出手術は急性扁桃炎や扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍、腎炎などの他の臓器に悪影響を及ぼす慢性扁桃炎 、あるいはいびきや睡眠時無呼吸症候群の原因となるような扁桃肥大などの治療の際に膿栓除去手術が行われることがあります.

手術によって扁桃を膿栓除去した後も、約一週間は術後出血の可能性が高いため、その間の約一週間は入院となります. この摘出手術に伴い、術後出血や飲食時ののどの痛み、また舌の痛みやしびれ、味覚障害といった合併症が報告されています. ほとんどの場合は一過性の症状で済みますが、場合によっては再度全身麻酔を使った止血が必要だったり、後遺症として残ることもあります.

これらの危険性の為、膿栓除去の手術は、膿栓の理由だけでは病院では行ってもらえないようです. 膿栓除去を目的とする扁桃手術を行う場合の目安は、扁桃肥大(睡眠時無呼吸症が伴う)、慢性扁桃炎、合併症、扁桃腫瘍、あるいは扁桃腫瘍の疑いがある場合などに限られます. まずは、お近くの耳鼻科にご相談下さい.

膿栓を自然に除去、治療する方法を知りたい方はウェブサイト、http://www.tonsilstoneshow.comをご覧下さい.

 

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項