のうせん

 

 (膿栓)とは、咽喉内の扁桃腺の表面にある小さな穴(せんかと呼ばれる)に、扁桃腺によって殺されたウィルスや細菌などの死骸、食物カスなどの不要物や免疫副産物が溜まることによって形成される。 これらをのうせんあるいは、くさいだまや臭い玉と言う。また、咳やクシャミなどによって時々こののうせんが外部に飛び出すことがある。のうせんは、薄黄色や黄緑色、あるいは乳白色で、潰すと酷く強烈な臭いを放つことから、口臭の原因の一つであると考えられている。

 歯周病でもないのに口臭が気になる場合には、咽喉内にのうせんが潜んでいる可能性がある。また、その出来方に個人差があるものの、それ自体は誰もが持っている物である。科学的には扁桃栓子と呼ばれる。

 のうせんの除去は、口臭予防の一つとして効果があるとされるが、自分自身で除去を行う場合は、繊細な扁桃腺表面が傷つき易く、扁桃腺肥大による悪化の危険性を伴うということを認識する必要があり、絶対にお勧めできない。除去には保険が適用となるので、まずは耳鼻咽喉科に相談することをお勧めする。また、お茶や紅茶など、カテキンなどの殺菌作用を含む物で毎日うがいをすることで、予防効果があると考えられている。

ホーム  連絡先   プライバシーポリシー  免責条項